webディレクターの仕事

webディレクターは制作現場の監督

Webサイトを制作する場合、様々な職種の人が携わりますが、そういった人達をまとめるのがwebディレクターの役割です。 デザインの全体のイメージをデザイナーに伝えたり、webサイトやページの構成をコーダーに作成してもらったりと、細かい指示を出していきます。また、文章の作成を依頼したり、webサイトに必要なプログラムを構築してもらったり全体の作業スピードを把握しながら、コントロールしていきます。そのため、webディレクターはデザインからプログラムまで、それぞれの職種の技術をある程度持っていないとできません。何故なら、知識が無いと具体的な指示ができないので、現場も混乱してしまうからです。そのため、まずはデザイナーやエンジニアなどの経験を経てからでないと、webディレクターにはなれません。

クライアントとの交渉をする

webディレクターは現場をまとめるだけではなく、クライアントとの橋渡し役も担っています。最初にクライアントと、どんなwebサイトにしていくのかを詰めていきます。ある程度のイメージが決まったらwebデザイナーにそのことを伝えて、画像ソフトで全体のデザインを作成してもらいます。そして、完成したらクライアントにチェックをしてもらい、修正点などを洗い出します。その作業を繰り返していき、okがでたら実際のwebサイトとして作成を続けていきます。また、完成までの納期を相談して、進行状況をクライアントに伝えていくのもwebディレクターの役割です。他にも、クライアントから作業途中で変更したい部分を指摘されたら、速やかにデザイナーなどに伝えて対応をしていきます。