webデザイナーの仕事

webデザイナーはデザインとコーティングがセット

webデザイナーの仕事は、Webサイトのデザインをするのが主な仕事です。しかし、実際は制作会社で働くとWebデザインだけではなく、コーティングも一緒に行う場合もあります。Webコーティングとは出来上がったデザインを、実際のWebサイトとして作成することを言います。Webデザイナーは、画像加工ソフトで全体のデザインを作成して終わりです。その後はコーティングを専門にしている人に預けますが、コーティングとwebデザインをセットでしなければいけない会社の方が多いです。稀に大きな制作会社だと、デザインとコーティングが完全に分けられている職場もありますが、ほとんどの場合はデザインをした後に、コーティングもして一人で完結することが多くなります。

プログラミングやクライアントとの打ち合わせをする場合もある

Webデザイナーの中には、プログラミングもしている人がいます。プログラミングとは、例えば、Webサイトの更新を誰でも簡単に出来るように管理画面を作成し、IDとPASSでログインできるようにするシステム開発のことです。他にもメールフォームや画像が自動で入れ替わるなど、Webに関係するプログラミングは様々あります。普通はWebエンジニアが担当をしますが、小さな制作会社だとプログラミングもしなければいけない場合もあります。また、クライアントとの打ち合わせをしているWebデザイナーもいます。通常はWebディレクターや営業担当者がする仕事ですが、稀にWebデザイナーがその役割をすることもあります。このようにWebデザイナーと言っても、働く制作会社によって担当する範囲に違いがあります。