webサイトに関する基本的な知識は必須

web制作の仕事をするにあたり必要なスキル

web制作の仕事をするにあたり、必要なスキルはどのようなものがあるでしょうか。ひと言でweb制作と言っても、基幹部分からサイトを作るプログラミングからHTMLやCSSを書くコーダー、デザイン面を重視したデザイナーなど多岐に渡ります。一般的なWebサイトの構築で言うなら、コーダーでしょうか。その場合はHTMLとCSS、Java scriptやjQueryのスキルが必要と言えるかもしれません。

近年、WordPressを代表するCMSと呼ばれるサイト構築サービスが多くの業務で利用されています。これらは根っ子からサイトを構築せずとも、フレーム部分は自動的に作ってくれるため、人気を博しています。CMSは既にかなり普及しているため、仕事でweb制作する際にも使う可能性があります。こういったものの存在と使い方も、スキルとして身に着けておいた方が良いでしょう。

基礎的な知識も当然必要となる

web制作の仕事をするために必要なスキルはHTMLやCSSですが、当然のことながらもっと基礎的なパソコンの知識は必須です。パソコンを与えられて起動や終了が分からないのでは話になりませんし、多少のトラブルはネットで調べて自分で解決するスキルが必要です。スクリーンセーバーまでの待機が短いけど直せない、とかだと業務に支障を来すでしょう。

また、ソフトのインストールやデバイスの接続方法、ブラウザのカスタマイズなど、普段からパソコンを使っていれば分かる知識も必要と言えます。これらをするたびに人に聞いているようでは、パソコンスクールに行った方が良い生徒になってしまいます。当たり前のところすぎて気付かれないような基礎部分も、必要なスキルと言えるでしょう。