web制作に必要なスキル

web制作をするには様々な工程があります。ヒアリング、市場調査に分析、提案、デザイン制作、システム開発、検証とこれほどの工程を通って納品をするため、幅広いスキルが身につきますし逆に言えば必要にもなります。その中から3つをお伝えします。参考にしていただければと思います。

コミュニケーション能力を磨いておこう

文書構造には“HTML”、デザインには“CSS”、ブラウザの処理を実行するには“JavaScript”など、web制作に必要なスキルはたくさんありますが、自社の製品をクライアントに売り込むにはコミ…

マーケティングやコンサルティングの能力が必要

WEB制作にあたって、必要な能力の1つにコンサルティング能力があります。具体的には、顧客との打ち合わせを進めるなかで、相手が求めている事の本質を見極め、相手も気づいていない潜在的なニーズを掘り起こ…

webサイトに関する基本的な知識は必須

web制作の仕事をするにあたり、必要なスキルはどのようなものがあるでしょうか。ひと言でweb制作と言っても、基幹部分からサイトを作るプログラミングからHTMLやCSSを書くコーダー、デザイン面を重…

web制作に携わる仕事

web制作は個人でされている方もいますが、企業の場合は様々な職種の方が力を合わせて仕事をしています。よく出てくるのはwebデザイナーですが、それだけだと仕事が成立しません。それでは一体、どのような職種があるのでしょうか。そのうちの3つに焦点をあてて紹介したいと思います。

webデザイナーの仕事

webデザイナーの仕事は、Webサイトのデザインをするのが主な仕事です。しかし、実際は制作会社で働くとWebデザインだけではなく、コーティングも一緒に行う場合もあります。Webコーティングとは出来…

webディレクターの仕事

Webサイトを制作する場合、様々な職種の人が携わりますが、そういった人達をまとめるのがwebディレクターの役割です。デザインの全体のイメージをデザイナーに伝えたり、webサイトやページの構成をコー…

フロントエンドエンジニアの仕事

まず主な仕事内容等を知っておこう!

ビジネスモデルの変化によりその存在が改めて注目されるようになったweb制作の仕事ですが、その中にフロントエンドエンジニアという仕事があります。フロントエンドエンジニアとは、webデザイナーが作ったデザインを基に様々なカスタムをする仕事です。 具体的には、HTMLやCSSのプログラム等を設計して実装し、文章やコンテンツ等を見やすいようにカスタムする等の仕事内容があります。この仕事の特徴は、HTMLの他にCSSやJavaScript等のコーティング業務があるという点です。デザイン設計通りにコードを記述し、ユーザーの使いやすさを高めるという重要な役割を担っています。なのでこの仕事には、単にコードを記述する速さ以外にも、コンテンツの配置等という点も考えるという空間認識能力も必要とされます。場合によっては一部デザイン自体を任される事もあるようです。

今注目されている最大の理由とは?

そんなフロントエンドエンジニアが注目されている最大の理由の一つに、様々な企業がPCサイトのモバイル化を迫られているという点があります。今まではモバイル端末でもPCサイトが表示される場合が多く、それでは見づらいという声が多いため、モバイル端末対応のサイト作成が企業や組織において急務となっています。そしてその際に活躍するのがこの仕事で、具体的にはPCサイトのコンテンツをモバイル対応のために縮小率や配置を考え、コーティングをするという事が多いです。 ある調査によると、2015年時点でPCからの検索数よりスマートフォン等のモバイル端末での検索数が多くなっており、さらにこの仕事の重要性は増していくとみられています。さらに最近では、PCサイトをそのままモバイル端末向けにするのではなく、モバイル端末専用のサイトを作るという流れも加速しつつあります。今後、デザイン分野の知識もさらに必要とされていくでしょう。